バルクオムのシャンプーの成分→なるべくわかりやすく説明します。

こんにちは!バルクオムのシャンプーを愛用しているイシコです。

バルクオムのシャンプーが気になっているけど、実際どういう成分でできているの?

という方に向けて、バルクオムのシャンプー&トリートメントの成分についてなるべくわかりやすいように、簡単に説明します。

バルクオムのシャンプーは成分にはかなりこだわっていて、

・頭皮にいい
・乾燥肌にいい

です。

頭皮のふけが気になる方や、将来はげたくない人に特におすすめします。

バルクオム公式サイトはこちら

バルクオムのシャンプーの成分

バルクオムでは、他の商品でも共通で使用している7つの成分があります。

公式サイトでも紹介されていて、どれも天然の成分です。

市販のような、安い人工の成分ではなくて、天然の成分を使っているということで、安心して使用できます。

1 チャ葉エキス

「エピガロカテキンガレード」という、チャ葉カテキンの中でも、美肌のための還元力が高いといわれる成分。

2 リンゴ果実培養細胞エキス

収穫後4ヶ月経っても潤いを保ち腐らない、奇跡のリンゴ「ウトビラースパトラウバー」の幹細胞エキス。

3 加水分解シルク

天然保湿因子が保湿と皮脂形成の働きをすることで肌のバリア機能をサポートする、「黄金まゆ」から抽出したエキス。

4 ユズ果実エキス

有機酸、精油成分などを含み、肌のキメを整え潤いを与える「高濃度ペクチン」を抽出した多機能エキス。」

5 グリセリルグルコシド

集中的な保湿力で水分を一定に保つ性質があり、「復活の木」と呼ばれるミロタムヌスの葉に含まれる成分

6 セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

西洋シロヤナギの樹皮に含まれる専有成分「サリシン」が乱れがちな肌のコンディションを整える、自然由来成分。

7 温泉水

日本最古の「美肌の湯」として知られ、ミネラル成分のバランスがよく保湿効果に優れた泉質の出雲の玉造温泉水。

の7成分が使われております。

それぞれ、果実や植物、温泉などの自然のものから作られているので、バルクオムのシャンプーは安心して使うことができます。

逆に市販のシャンプーだと、必要以上に頭皮を洗浄してしまい、乾燥やふけの原因となる界面活性剤などの成分が入っているので、私はもう使えません。

バルクオムシャンプーの成分は肌に優しい

バルクオムシャンプーは肌によくない6つの成分を使っていなく、肌に優しい6つのフリー処方となっております。

敏感肌の人や、乾燥肌の人にやさしい低刺激でできており、肌に悪いとされる6つの成分についてはフリー処方(使われていない)になっています。

フリー処方になっているのは、以下の6成分です。

1.石油系界面活性剤
2.パラベン
3.シリコン
4.合成着色料
5.鉱物油
6.紫外線吸収剤

この6成分は、完全に使われていなく、フリー処方となっており、肌に優しい作りになっています。

中でも、僕が注目したのは、石油系界面活性剤です。

石油系界面活性剤というのは、汚れを落とすのに役立つ成分なのですが、洗浄力が強すぎるために、同時に汚れとともに必要な成分まで洗い流してしまうというデメリットがあります。

市販のシャンプーではその石油系界面活性剤が多くつかわれていて、髪や頭皮の必要な成分まで洗い流してしまうらしく、その成分によって将来はげたくない僕は、

石油系界面活性剤の入っていないバルクオムのシャンプーを選びました。

バルクオムのシャンプーは成分にかなりこだわっている!

バルクオムのシャンプーは、成分にかなりこだわって作られています。

成分にこだわっている分、値段は少し高いですが、将来はげたくないので我慢します(笑)

 

シャンプーの成分や、使った感想などを「バルクオムのシャンプーのレビュー!20代男の一般人が使ってみた。」で詳しく解説してしているので、是非参考にしてください。

 

頭皮や髪の毛のために成分にもこだわって作られたバルクオムのシャンプーを使って、将来の髪の毛を守りましょう。